戻るボタン次へ進むボタン

  エゾコザクラ   大雪山(標高2291m   2014.7.22 撮影

大雪山とは、2000m前後の多くの山々の総称で、その中での最高峰が旭岳(2291m) です。この写真は一見どこかの低山の麓のように見えますが、この場所は、標高が2 000m近い高山地域で、大雪山系の縦走路から、だいぶ離れたところでの撮影です。 東西及び南北の60キロほどにわたる広大なこの山域には、驚くべき多様な高山植 物が、多く見られます。 それは関西の山々の比ではなく、この厳しい北の大地に神が備えられた花園がこの 山域の各地に広がっています。 エゾコザクラは、以前にもとりあげたことがありますが、この写真の地域は以前の ものからかなり離れた場所です。命の豊かさを感じさせる周囲の緑と、そこで咲く 花の美しさは心に残るものです。 この植物は 高さは10センチ程度、草原に紅紫色 の花がとくに印象的です。 この花は、日本国内では北海道のみに見られますが、国外では千島列島やアラスカ からカナダまで分布するということで、この可憐な花が、そのような厳しい寒さや 氷雪に耐えてはるかな古代から生き抜いてきたことにも驚かされます。

エゾコザクラ  北海道 大雪山(旭岳)2014.7.22

神はこのように、弱いと見えるところに強靭な力を与えることのできるお方です。 他のさまざまの大木、多くの樹木、また平地にはびこる雑草などがこうした地域で は育たないにもかかわらず、この弱々しく見える植物がのびのびとその清い大地や 大気のなかで生育し、美しい花を咲かせて神を賛美しているのです。 「私が弱いときにこそ、私は強い」(Uコリント12:10)―という使徒パウロの言葉 が思いだされます。 このような神の直接の創造になる光景は、私たちが求めるなら ば、それぞれの心のなかにも与えられるといえます。目に見えないキリストが私た ちの内に住んで働いて下さるように。 (文と写真・T.YOSHIMUR

戻るボタン次へ進むボタン

2014.7.22 撮影