ヤマハゼ
ヤマハゼ

ヤマハゼ  徳島県小松島市(我が家の裏山にて)

 晩秋の山を彩るのは、たいていこのハゼノキの仲間です。
 誰でも知っているカエデはふつうの山にはあまり見られなくて、このハゼノキの仲間がとりわけ美しい赤色で山のあちことを染めています。
 晩秋ともなり、多くの樹木や野草たちが活発な成長や繁殖をやめて一休みという頃、このように燃えるような赤い色で、自然に込められた無限の色彩の美しさを繰り広げています。
 こうした自然の美しさは神の持っている美や力強さなどを反映していると思わ れ、それらを見ていると、最高の芸術家でもある神のわざに直接に触れる思いがします。

前へ

戻る

次へ

2003年12月