ダイコンソウ

ダイコンソウ 

ダイコンソウ    (バラ科)
 
徳島県小松島市日峰山  2004.7.20

 この花は、初夏から7月も終わりに近づいた現在に至るまでずっと咲き続けています。
山道などで時折出会うことがあります。
もうずっと前からわが家の周辺で自然なかたちで咲いているものです。

 
鮮やかな黄色のこの花は、私たちをじっと見つめているかのようです。こうした植物の花や、樹木のたたずまい、あるいは大空の空や星、夕日に輝く雲、山々の動じることなき姿…などなど、 自然の事物は、神の直接の被造物なので、神の清さや雄大さ、力など、そのお心の一部がそのまま現れているように感じます。

 私たちが神に真実な心をもって向けるとき、しばしば神もまた私たちを見つめていて下さるように感じますが、同様に、自然の星や植物なども、私たちが心を注ぐとき、それらも私たちを見つめているかのように思えてくるものです。
 
なお、この植物の名は、下部の葉が大根の葉に似ているということで、このような名となっています。(この写真は上部なのでわかりません。)

前へ

戻る

次へ

2004年7月