フキノトウ

フキノトウ
 
    2003.2.27 我が家にて

 白と黄緑色の控えめな花のすがたですが、まだ寒いうちからこのように花茎を立てて春を告げるため、花としても好まれることの多いものです。
 ウメやスイセンも同様で、寒さ厳しいなかに咲く花というのは、私たちの心にも、あるメッセージを伝えてくれるものです。
 人間においても、きびしい環境におかれているのに、霊的に目覚めていて、花を咲かせる姿は心惹かれるものがあります。

 上の写真にみられる、フキの若い花茎(かけい)をフキノトウといい、葉柄とともに食用、薬用に用いられます。
 若いフキノトウはみそ汁などに入れると独特の春の野の香りと味わいがあって、好む人も多いようです。

前へ

戻る

次へ

2003年2月