風の歌
2008年1月
写真・文共に貝出 久美子
(徳島聖書キリスト集会員)



今日は です。

更新は です。
鮎喰川
↑ 鮎喰川
夕べの礼拝

夕暮れの光を浴びて
ススキたちが
いっせいに夕べの礼拝をしている
ハレルヤ!
川から風が吹き抜けて
しばしススキの大合唱
やがて夜が訪れて
ススキは祈りそして眠る
川は流れて時を刻み
夜明けの光を共に待つ
夕焼け

夕闇がせまる地の上に
雲の中から
神は光を放つ

夜がせまる地の上に
必ずまた陽は昇るのだ
あなたは信じて待っていなさいと
まばゆい希望の光を放ち
しばしの時を闇に譲る
夕焼け
楠木 クスノキ

穏やかな夕陽をあびながら
クスノキは
枝葉のことを思っていた
体の中に静かに流れる
命の水を
どの葉の一枚にも
届けたいと
あかるい夕陽をあびながら
クスノキは
愛する枝葉のことを思っていた
ヒイラギ

雪が降り積んで
枝葉の中に咲いたような
白いヒイラギの花は
近づくと静かに香る
何も言わずに
おかれたところで
ただ清らかに咲き
清らかに香る
柊
祈られて挿絵 祈られて

「いつも、ここに来ているね
ずいぶん大きくなったものだ」

木が少女に語りかける
だけど少女は気付かない

「ここに来るたびに
いつも見守っていたのだよ
ずっと祈っていたのだよ」

だけど少女は気付かない

気付かれないけど
木は祈る
気がついていないままだけど
少女はずっと祈られている
木のおもい

誰に向かって話したかったのだろう
何に向かって話したかったのだろう
一本の木から
あふれてくるような思い
耳を傾けると
木が
ずっと話したかったことが聞こえてくる
木の想い挿絵
木の祈り挿絵 木の祈り

木は
目を上げて天を仰ぐ

地の中に
深く下ろした根から
命をくみとり

それから
まっすぐに
天を仰ぐ

枝の先から
天に射られる
木の祈り