詩集「泉にゆく道」2008年

著者:伊丹 悦子
(徳島聖書キリスト集会員)

今日は です。

更新は です。
目次
あわれみのような いざない
いつもより いのり
うなずく おとずれ
しおり ただ一つの
だれも知らない間に タルシシュの船
とくべつに ひみつ
ほんとうにそこに まっさらな
まなざし みことば
愛のために 夏の終りに
楽器 希うことは
恐れることはない 主が言われる
真夏の朝の旅立ちを
新しい信仰の友へ
清まれ
谷からの風 朝な朝な
天に光る 導きのみ手
風草
明星

モミジ

リストボタンあわれみのよう

ひとばんじゅう

発光する美しい声でうたって

わたしたちをはげまし

なぐさめてくださる虫たちよ

かがやくような

主のおこころ

空には星

こぼれるように瞬いて

どこから来るのか

わたしたちが地球と呼ぶこの星の

天と地の間には

神の憐れみのような

安らかで

しずかな風も吹きとおる



リストボタンいざない

何か

こころ喜ばしい思いを抱いて

今年の蝉の声を聞く

その声が いっせいに

強くなったり弱くなったりする

あれはなぜ?



あれは 目には見えない

おおいなるかたの呼吸のようなもの

思いはきっと届きましょう

祈りをじっと聞いてくださるかたが

おられるから

 

だから

翼の破れたものたちよ

いいのだよ

どこまでもその翼いっぱいに広げて

行きなさい

おまえの行きたいところまで

 

 

リストボタンいつもより

 

ある日ぐれ

いつもより

雲間の青が輝いていた

天の深みから来るひかり

見たことのない晴れやかな

何によってか

何によってか

すべての汚れが

洗い流されたように

 

ある夜明け

いつもより

あの明星が大きく

うるんだように輝いていた

見たことのない清らかな

まばゆいひかりの泉になって

何によってか

何によってか

イエス・キリストあなたによって

人の心がふかくゆたかに

満たされるため

 


 

 

リストボタンいのり

 

朝な朝な

鳥たちは鳴く

ひみつの言葉で

清らかに冴えた声で

森いっぱいに響きわたるように

イエス・キリスト十字架につけり

 われらの罪ゆるすためゆるすため

清らかに冴えたひみつの言葉で

鳥たちは鳴くまっすぐに

光のように

鳴く

 

 

リストボタンうなずく

 

台風のあとの風

はげしいものが去ったあとの

小窓から見えるつたの葉がふわりと揺れる

どこから来るのか

わたしの中にもひと吹きの風

それでいい それでいいんだよ

といっせいにつたの葉がうなずく

ほほえむようなそのすがた

 

人は何のためにこの世に来たか

人は何処からきたか

人は何処へ帰るのか

なぜ 耐えがたいほどの苦しみが

 この世にはあるのか

遠い国からの消息が告げられ

謎がしだいに解かれていき

どこか遠いところでも

見えないものたちが

いっせいにうなずく

 

 

リストボタンおとずれ

 

明け方に

約束のように

ふと窓をたたく雨の音

かすかな

無数の

やさしい足音

 

眠っているものも

目覚めているものも

目覚めているものも

眠っているものも

かすかなその音を聴く

 

耳をすませて!

遠く去っていたものたちが

(引き裂かれていた者たちも)

はるかな旅を終え

いま帰って来たところです

足音を響かせて

こころによろこび

運んで来ました

 

 

リストボタンしおり

 

さがしているものが何か

長い間 わかりませんでした

でも

今日

見つけたのです それを

そして はじめて気づいたのです

 

わたしの記憶の折り目に

乱雑に

挟まれていた

色あせたしおりのように

 

胸の奥にはさまって

ちいさな愛が

それと気づくまで そんなところで

黙って祈り

待っていてくれたのです

ああ あのときのあれは

あなただったのか



 

 

リストボタンただ一つの

 

風が吹いている

鳥が鳴いている

すべてのものが過ぎる

すべてがむなしい

ただ一つのことを知るのでなければ

 

その速さは

影のごとく移る

すべてがむなしい

天地のすべてを

統べおさめる存在がおられるのでなければ

 

わたしたちの心が

あるべき処に還るのでなければ

すべての渇きをいやす泉に至る

ただ一つの小道を

若草の原に見出すのでなければ

 

 

リストボタンだれも知らない間に

 

明け方に

きらりとひかる光の粒

ヒメシャラの葉末にひとつ

 

雨がふったのですね

夜の間に

だれも知らない間に

 

恵みのわざはいつもそうでした

乾いていた木々もよみがえり

芳しい香りを放つ

 

ほんとうの愛はいつもそうでした

ほとんどだれにも知られずに

恵みの果実だけ残して

ひっそりとたち去る

 

 

リストボタンタルシシュの船

 

真夏の

夜明け前の空が

青い輝きを増していく

天の深みから光がさし込むように

 

太陽はいまごろ

地球上のどのあたりを昇っているだろう

どんな真実を照らし出しているだろう

人の心にも

沈まない太陽が昇って

はるか先まで

見通すことができるようになる

と聖書は言う

 

茜さす夜明けの島々

群青の海

時空を超えてその空に

映し出される

壮大な神の言葉

それはいのち それは力

 

かつて

この世の財宝を船一杯に積んで

地中海を行き来したタルシシュの船は

繁栄の真っ只中でみずから

きらめきまばゆい波間に難破していったと

こころおごれる人間のはかなさを

聖書は今も語りつげる

 

 

リストボタンとくべつに

 

ある朝

とくべつに

美しいものを見た

鳴きながら飛ぶ小鳥

数羽

瑠璃色の空を

 

どこか

きよめられた

戸口がひらかれて

朝の祈りをささげる声

天使が降りてきて

そこに しずかに

ほほえみかける

 

 

リストボタンひみつ

 

この世は

ひみつであふれてる

たとえば

青い空のひみつ

その空が奏でる

不思議な楽器の響きのひみつ

ひかりが

あんなに高い空から

降って来るひみつ

私らには

それらが無ければ生きられないというひみつ

なぜかしら?

 

チチチチチ

小鳥たちが鳴いていても

それがどういう意味か

わたしらには

知らされていないというひみつ

そうしてなぜ?

わたしらがここに

こうして今を

存在というひみつ

 

 

リストボタンほんとうにそこに

 

流れ星

飛んだ

見たいと思って

見上げたらほんとうにそこに

 

見上げたばかりの空を

金の尾を引いて

深い空の真ん中を

ちいさなひかりが

闇を切ってさらなる深みへ

 

ほんの一瞬だったけれど

あれはなに

それはなぜ

銀河の一隅に現れた

あの美しいものは?

かみさまを信じることも

どこか

それに似ている

 

 

リストボタンまっさらな

 

雨あがりの夜明け

空がバラいろにそまる

まっさらのカンバス

こころの・・・

 

おおぞらに

天使たちの動いた光跡が

あわいひかりが消え残る

まっさらな今日がはじまる

さあ何を描こう

天から細い光のように

伸ばされてくる見えない

もう一つの手とともに

 

どこかから聖らかな歌声が響き

庭いちめんに萌え出でた

カヤツリグサの清々しい香り

そして

今朝いちばんの

小鳥の声

 

 

リストボタンまなざし

 

なみだをたたえたように深い

そのまなざしが

こちらを向いている

わたしの中にわたしの外に

海のように空のように

夕空にきらめくひとつの星のように

 

その方の思いが心に深く

沁み入って来るのです

世のくるしみ かなしみ

病や痛み 泣き叫ぶ声

すべてを見つめるそのまなざし

 

道をふみはずして

浜辺の野辺を

この世のさびしい所を

さ迷うたった一人のひとよ

それはいつかのわたしです

だがそこにもさしのべられる

見えないけれど大きな手

 

そして聴こえてくるのです

天地にしずかなあのうたこえ

波のようによせてくる

 イエス十字架につけり

 われらの罪ゆるすため

 われらの罪ゆるすため

 

 

リストボタンみことば

 

み言葉が

貫いて行く

わたしたちの胸を

 

鋭い刃物となって

また

吹き抜ける

さわやかな風となって

あるときは

傷ついたものを抱きしめる

温かい父の胸となって

 

神の

言葉に貫かれて

はじめて

わたしたちはほんとうのいのちを知り

ほんとうの愛を知り

ほんとうにそのなかを生き始める

 

 

リストボタン愛のために

 

東の空が

ほのかに明るみ

どこから吹いてくるのか

頬にかすかな風

 

すがすがしい

夜明けの香り胸に一杯

ああ神さまが

生きなさい と言っている

 

でも

何のために?

何のために今日はある

苦しみでいっぱいのこの世を

なんのために

愛のために

 

愛のために

今日を生きなさいと

しずかな声で

言っておられる

 

 

リストボタン夏の終りに

 

今朝はやく

虫の音にまじって

今年さいごのひぐらしが鳴いた

どこかで短く

たったいちどだけ

 

わたしたちのこころも

あにように鳴くことがある

あのひぐらしのセミのように

宇宙の果てで

たったひとりで

 

でも

それはもう さびしいことではない

その鳴き声を

そっと懐に収めてくださる方が

いるから

いつかそのとき

顔と顔を合わせたときのように

 

 

リストボタン楽器

 

林の木々を渡るもの

風は

どこから吹いてきて

また吹いてきて

くり返しくり返し

語る

 

たえまなく送られて来る

言葉だけの手紙

こころの弦を弾くもの

それはひとのこころに

すべてのことを教える

 

そしてわたしはただ

受けるだけの楽器

風を受けて鳴る葦の笛

つま弾かれるだけの風の琴

 

だれがそれを奏でるのか

すべての謎を解きながら

永遠に変わらず

色あせることもない

ひとすじの不思議な楽の音だけが

風のなかを

 

 

リストボタン希うことは

 

いつか旅した

山麓の村の

真夏の朝のように

香りたかくいられたら

 

みずみずしい

ひかりの泉

明けの明星のように いつも

清らかにいられたら

 

トネリコの葉陰をそっと吹く

目には見えない風のように いつも

やさしくいられたら

 

もつれた糸の結び目が

ほどけるように

人をゆるせない心の結び目も

どうか

見えない清い手によって

いつか解けていくように

 

 

リストボタン恐れることはない

 

明けていく東の空

白く昇る山の朝もや

わたしたちを満たす

かぐわしい夜明けの大気は

おおいなる方の息

 

ひかりよ

今朝

地上にさし込む初めてのひかり

どうかわたしたちの瞳をかがやかせ

そこから真っ直ぐに

あなたの英知の光が

さし込むように

 

つねに見誤らないように

ききちがえないように

ひとつの道

ひとつの声

その声は言う

わたしを慕う者よ

夜、おびやかすものも

昼、飛んでくる矢をも、恐れることはない



 

 

リストボタン主が言われる

 

胸の中の空洞がまだ

深ければ深いままでいい

暗ければ暗いままでもいい

 

だが

恐れるな

生涯の終わりの時まで

わたしがあなたを愛し

あなたを背負い

あなたを持ち運ぶ

 

約束はかならず守られる



主が言われる

 

 

リストボタン

 

わたしたちの心の中に

一粒ずつ

かみさまの

みずみずしい

宝玉のような

種が

宿っています

そこからどんな芽が出るかしら

そこからどんな花が咲くかしら

 

 

リストボタン真夏の朝の旅立ちを

           新しい信仰の友へ

 

真夏の朝の旅立ちを

祝うように

またたいてくれる

夜明けの星たちよ

声なくうたう

よろこばしいこころよ

 

朝はやく

まだあたりは暗いけれど

しずかに吹く風

神さまの息

たったいちど

いちどっきりしか通らない

この道を

 

さあ出かけよう

憂いなどない

導かれるままどこへでも

すべてがいつも新しく

伴う方のかぐわしい手があって

いばらの路も羽がはえたように

軽く 踏みながら行ける

 

 

リストボタン

 

ひとつの星を

胸に抱いて生きる

だれに言われたことでもないけれど

 

しずかに

しずかに

しずかに

だれの心にも

澄んだ かすかなあの声が

きこえるように

 

ひとつの星を

胸に抱いて眠る

くらい夜にも輝きわたるように

真に 美しくもキリストよ

だれのこころの内側にも

宿ってください

 

 

リストボタン清まれ

 

あさ

目をさます

きょう この目は

何を見るだろう

草むらに咲いている

マツヨイグサのほのかなともしび

染み透るようなひかりで心の奥を照らし

清まれ とうたう

 

木漏れ日の

木々の間で鳴く小鳥

きょう この耳は何と聴くだろう

疑いなく 憂いなく 心の重荷もなく

清らかな声でうたっている

 

すがすがしい息吹よ

うるわしい魂の

朝ごとに

遠い涼しいところから吹いて来る

香り高い息吹よ

心の奥まで吹き通れ

 

 

リストボタン谷からの風

 

天も 地も

大気も 木々も 風も

見上げる太陽も月も星も

無限の天地がここにはある

ありとあらゆる宝を与えられたように

どこにでもあるようなこの山の

この小さな谷を喜ぶ

 

めぐみの谷 と呼び

主とかたらう

主は万軍の主

木々の一本一本はその忠実なみ使い

コナラ クリ エノキ マツノキ

ポッとやさしい紅色の花をつける合歓木

祈りを聴いて主に告げるため

耳を澄ませて待っている

 

やすらかな深い空

そこから聴こえるしずかな声

かつて この世の宝を求めて彷徨ったが

偽りのうたをうたい尽くして

すっかり空しくなってここに帰ってきた

 

いま聴く

ここに天のうた

ききつくせぬうた

うたいつくせぬうた

天地に満ち満ちる愛のうた

そして夜は

頭上いっぱいにきらめく

金の星ぼし

 

 

リストボタン朝な朝な

 

主よ

あさなあさな

どうかわたしたちを

きよめてくださるように

たましいのおくをふくかぜよ

はるかな なつかしいふるさとから

おくられてくるかぐわしくふかい息よ

ねむりからめざめさせてくださいつねに

むきなおらせてくださいつくりぬしに

いっしゅんいっしゅんをわたしたちが

たちかえっていのちを得て生き

生のゆたかなめぐみのなかを

永遠なるものにむすばれ

ひとあしまたひと足と

どうか歩むことが

できるように

主よ

 

 

リストボタン天に光る

 

林の

幾千幾万の木の葉を

いっせいに震わせて

風が渡って行く

 

さやさやと鳴る楽器

それは

ふしぎな調べ

ひとのこころの中の

固くもつれた糸を解きながら

疲れたこころを癒しながら

 

地上を吹き抜け

遥か地の果てまで渡って行く神の手

わたしたちの罪

ゆるしながら解放きながら

 

天には三日の月

この世の闇を

切り裂くために

主のみ使いがぬき放った剣のように

ひかる

 

 

リストボタン導きのみ手

 

なにか新しいことが

起こる

それはいのち

それはかすかな花のかおり

それは生き生きとしたこころ

みずみずしい

 

それは意外な処から伸ばされる手

見えては隠れ

隠れては見える

ときにはわたしの手をとる

ただそれに従っていく

 

ほんとうに

わたしたち

信仰と勇気がなければ

どうやって

闇のこの世を

わたって行けようか

 

 

リストボタン

 

冬枯れの

庭の欅の木の枝に

鳥がとまる

風が来て

小枝が揺れるとどこかから

きよらかなふしぎな風が吹いてきて

心に花の香をとどめていく

|はるかな国のサフランの|

すると どうしてか

見なさい

挫けたこころが

立ち上がる

 

 

リストボタン風草

 

かぜくさ

風の草

だれが名づけたのか

秋の野をゆく

ちいさな風を知っている

 

目に見えない

空気のようなふるえを知っている

わたしたちの心の傷あとも

ふるえる心で知っている

 

名づけたのはだれ?

それは

風の行方を見ているかた?

わたしたちの心の悲しみを

じっと見ているかたでしょう

 

 

リストボタン

 

カゼクサ ノアザミ

ヒヨドリバナ

少し前まで

名前も知らなかった

ミズヒキ キンミズヒキ

ヤブツルアズキ

さっき友と

ひとつひとつ教え合いながら

山の小道で摘んできた

ノブドウ ニシキソウ

ノコンギク

みんなかみさまのつくられたもの

みんなみんなかみさまからのプレゼント

 

ゲンノショウコ センブリ

フジバカマ ツユクサ

顔をよせれば

あおく高い空と

みどりの風のにおいがする

 

 

リストボタン明星

 

ふしぎなものよ

宇宙の果てから

細い金の矢で

まっすぐにわたしたちを射る

名を呼べば

名を呼び返す

つよく見つめれば

その何倍もの熱意でまなざしを返す

無限のちからよ

どうか

わたしたちのちいさな名前を

いつまでわすれないでいてください

そしてそこから

傷んだわたしたちの魂のために

どうか新たなちからを

注いでくださるように