徳島聖書キリスト集会

代表者のプロフィール

吉村 孝雄

  ・1945年 中国満州生まれ

・1967年5月末 矢内原忠雄(元東京大学総長)の本を古書店でその一部を読んで、キリスト教信仰を与えられる。
 その少し後に、下宿の近くで行われた、「矢内原忠雄記念講演会」にて、富田和久(京大理学部教授)の「静かなる細き声」と題する講演を聞いて、京都の無教会のキリスト教集会である、北白川集会に加入。
 同時に、京大聖書研究会にも加わる。キリスト者となったことで、高校教員となり、理科教育を通して、キリスト教の福音を伝える道へと導かれる。

・1968年 京都大学理学部卒業。

・1968年6月 赴任先の高校で、放課後に読書会をはじめる。ヒルティと 聖書などを用いる。
 その後、転勤先の学校でも読書会を継続。

・1968年11月 無教会徳島集会(現在の徳島聖書キリスト集会)に加わる。

・1975年 「はこ舟」(徳島聖書キリスト集会発行の月刊伝道誌で現在は「いのちの水」と(改称)には、それまで時々投稿していたが、この時から、定期的に執筆を始める。

・1994年3月 キリストの福音を伝える働きに専念するために、教職を辞す。

・現在 徳島聖書キリスト集会代表、月刊「いのちの水」誌主筆。
 著書「原子力発電と平和キリスト者の視点から」2011年8月。


このページの先頭へ

徳島聖書キリス acceslog今日は です。
更新は です。

Google
WWW を検索
当サイト内を検索