ウイリアム・ペンのことばから
st02_l2.gif

紅梅
紅梅

st07_m2.gifキリスト教著作家の文章から トップへ戻る。st07_m2.gif

ezカウンター


st02_l2.gif
st07_m2.gif内容・もくじst07_m2.gif
st07_m2.gifウィリアム ペンの言葉 2006.3.7
st02_l2.gif

st07_m2.gifウィリアム ペンの言葉

「わたしはこの生涯を一度しか通らないものと思っています。なにか私にできる好意あるいは 親切があるならば、それを今わたしにさせて下さい。わたしはこの道をもはや二度と通らないでしょぅ。」

(ウィリアム・ペン)(17世紀イギリスの人、キリスト教の一派であるクエーカー信徒(フレンド派)。アメリカの最古の州の一つであるペン・シルバニア州は、彼が同名の父親を記念して付けられた。これはラテン語で「ペンの森」を意味する。

I expect to pass through this life but once. If there is any kindness or any good thing I can do, let me do it now. I shall pass this way no more. (William Penn)

st02_l2.gif